「KUSANAGI for ConoHa」でサイト移転を完了させた後にSSL対応する簡単な方法

WordPressの移転自体は終わって、最後にhttpsを使いたいなーというときのお話。
KUSANAGIのプロビジョニングで「Let’s Encryptの設定」をスルーしている前提です。

ちなみに、KUSANAGIのバージョンは8.0です。

httpsを使えるようにする

kusanagi ssl --email john@example.com

これだけで一発で「https」付きのURLがブラウザで表示できるようになりました。
すごい。。。

httpからhttpsにリダイレクトさせる

このままだと、httpとhttps両方表示されてしまうので、すべてのURLをhttpsにリダイレクトする設定。
これも kusanagi コマンドでできそう。

kusanagi https redirect

をやるも、何故かうまくいかず。。

kusanagi ssl --https redirect

こちらで設定完了。
KUSANAGI バージョンアップ情報 8.0 – KUSANAGI

どうやら「nginx/httpd の設定を変更し、再起動しました。」というメッセージが最初のコマンドだと出なかったので、再起動が必要だったのかもです。

WordPress内での設定を変えようとしたら・・・

コマンドで対応してくれていたのか、変わってました。。。

Googleサービス関連の対応

最後にGoogle関連の変更を実施。

WordPressをSSL化したらやるGoogleの設定 – 空想ブログ

GoogleAnalyticsとSearchConsoleを連携させている人は、その変更もお忘れなく。

SSL対応がこんなに簡単とは・・・感動。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク