『Canonical URL’s』プラグインでURLディプリケートを解消できるか実験

最近SEO業界でにぎわっているcanonical属性ですが、
canonical属性を簡単に入れられるWordPressのプラグインがありました。

Canonical URL's for WordPress


『Canonical URL’s』というプラグインのようです。

しかし、この名前で検索しても英語の記事しか見当たらず。。。(苦笑)


ところでなぜ私がcanonical属性に興味を持っているかというと
Googleのウェブマスターツールにおける『HTML の候補』で
ディプリケートが発覚し、困っていたからです。

Googleウェブマスターツールでの結果


その内容を詳しく調べてみると、
どうやら『KtaiStyle』プラグインでのURLがインデックスされているようでした。

KtaiStyleでのURLディプリケート


この画像で見れる『?menu=tags‎』というパラメータは
KtaiStyleで使われているようです。

当ブログはモバイル用にKtaiStyleを使わせていただいているのですが、
PC用のGoogleクローラがきてしまったのでしょうか。。。


そして『Canonical URL’s』プラグインをがんばって調べてみました。

どうやらGETパラメータが付いている時に
正規URLを自動的にcanonical属性で入れてくれるみたいです。


ということで、とりあえず当ブログに
『Canonical URL’s』プラグインを入れてみました。

これでGoogleウェブマスターツールでのディプリケートが減れば
KtaiStyleとのすばらしい併用となります。

楽しみです。


ちなみにWordPress2.8では
canonical属性はデフォルトで入るようです。


ちなみに×2、GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏による
canonical属性解説ビデオはこちらです。

2009/06/16:追記

URLディプリケート数の進捗ですが、
今見たら「33」まで減っていました。

また動きがあれば報告します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク