SEOは推理小説みたい

突然なのですが、
ふと思ったので記事にしてみます(笑)


今SEO業界?の中ではPageRankスカルプティングでいろいろな議論がされています。


話の始まりは、GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏が
PageRankスカルプティングは無効になったよ、と公表したのがはじまりでした。

これはSEOの中では大変重要なことで
いろいろなところで議論がされています。


これらの一連の流れをみていて思ったことは、
「SEOって推理小説みたいだな」ということです。


GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏がどういうことを公表しようとも、
順位は毎日のように変わっています。

その結果をうけて、Googleがどういう意図を持ってこういった順位にしているか
みんなが「推理」しているわけです。


真相はGoogleしかわからず、
あくまで『推理』の域を超えないと思います。

そしてその結果について、みんながいろいろな『推理』をしていくからこそ
SEOは面白く、いろいろな人によって議論されるのだなあと思いました。


じゃあこのSEOが『推理小説』だと仮定して考えると、
どうやったら犯人がわかるか(笑)

私はあまり推理小説とか読まないですが(汗)
自分の足で『証拠』を探し、その中でいろいろな可能性を考え、
トライアンドエラーを繰り返して犯人を突き止めている気がします。


私は個人的に「自分の足で『証拠』を探し」というところが
一番重要な気がします。

なぜなら、これがないと
いろいろな可能性を考えることすらできないからです。


結局、SEOを勉強するためには
いろいろなことをやってみるしかないのだろうと思いました。


すみません、ただの感想の記事です(苦笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク