『Canonical URL’s』プラグインの挙動を詳しく調べる

以前、『Canonical URL’s』プラグインでURLディプリケートを解消できるか実験している話を書きましたが、
そもそもこの『Canonical URL’s』プラグインがどういう挙動をするのか気になり、
調べてみました。

結論から言うと、『Canonical URL’s』プラグインを使うと、
canonical属性自体は404のページ以外全ページに入るようです。

そして、無意味なパラメータがついたURLに対して
正しいURLをcanonical属性で指定してくれます。


WordPressは色々なセクション?に分かれてページを表示できますが、
私が調べたのは以下の通りです。
※テンプレート名はテーマによって違いますので
 あくまで参考程度にお願いします。

トップページ(index.php)

このブログのトップページに加えて、
2ページ目(例:http://cafe-system.com/page/2)などのページごと。

シングルポスト(single.php)

各記事のページ。
これは1ページだけなので、調べるのは1つだけ。

カテゴリ(category.php)

各カテゴリのページと
それに対応する2ページ目などのページごと。

タグ(tag.php)

各タグのページと
それに対応する2ページ目などのページごと。

アーカイブ(archive.php)

daily monthly yearly ごとにページが存在するので
そのトップページとそれに対応する2ページ目などのページごと。

ページ(page.php)

このブログでいうところの「お問い合わせ」のような
WordPressの管理画面上で言う「ページ」

404(404.php)

このブログは404が出た時に、404.phpが表示されるようにしているのですが、
そのNOT FOUNDページ。


上記のセクションはWordPressで何かあった時に
網羅的に調べるとき私が使っているチェックリストになります。

もしモレがありましたら教えてください(汗


話は続きますが、
上記のように調べた時に特徴的だったのが、
アーカイブのmonthly yearlyのときです。

このときの2ページ目は1ページ目を正規URLとして
canonicalがつきました。


うまく説明できないので、URLでご説明しますが(汗
このブログのアーカイブyearlyにおけるURLは以下の通りです。

1.http://cafe-system.com/systemdate/2009

このページにおける2ページ目のURLは以下の通りです。

2.http://cafe-system.com/systemdate/2009/page/2


1のhtmlには1を正規URLとしたcanonicalが入っているのですが、
2のhtmlにも1を正規URLとしたcanonicalが入っていました。

ちなみに他のセクション、たとえばタグでは
このような形にはなりません。


WordPressタグが付いている記事のURLは以下の通りです。

1.http://cafe-system.com/systemtag/wordpress

このページにおける2ページ目のURLは以下の通りです。

2.http://cafe-system.com/systemtag/wordpress/page/2

この場合は、
1のhtmlには1を正規URLとしたcanonicalが入り、
2のhtmlには2を正規URLとしたcanonicalが入っていました。


違いを分かっていただけましたでしょうか?


アーカイブの2ページ目などはあまり意味のあるページで無いと
『Canonical URL’s』プラグインは認識しているのでしょうか。

確かにSEOを考えた時に、
たとえば2009年の2ページ目を狙ってSEOをすることは無い気がします(苦笑)

そう考えるとこのプラグインを使うことによって、
ディプリケートが外れるのならばいいのではないか、というのが
個人的な意見です。


このブログを使ったcanonicalの実験結果は
また別の記事として報告いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク