Googleウェブサイトオプティマイザーの仕組み【GWOの使い方】

スポンサーリンク

最近はLPO(といっていいのかわからないのですが。。。)、
及びCVR向上に興味があっていろいろ調べていました。

するとGoogleウェブサイトオプティマイザーというツールを見つけました。
※USではGWOと略されていることも多いみたいです。


これはGoogleが提供する無料ツールで、
ABテストをするためのツールとして提供されています。

ABテストだけでなく多変量テストもでき、かなり多機能です。
※以下、便宜上すべて「ABテスト」という言葉を使います。

これで無料というのが本当にすごいと思います。。。(苦笑)


ということでGoogleウェブサイトオプティマイザーの仕組みについて
備忘録として残したいと思います。

私が調べた限りのことですので、
間違い等あればご指摘くださいm(__)m

今後も分かったことがあればアップしていきたいと思っています。


Googleウェブサイトオプティマイザーで利用される主な仕組みは
以下の二つのようです。

JavaScript

Googleウェブサイトオプティマイザーの管理画面でステップを進んでいくと、
JavaScriptのタグが発行されます。

これをABテストしたいページに色々貼り付けると
Googleが勝手にそのページに来たユーザに対して設定したパターンを表示してくれます。

Cookie

上記のJavaScriptのタグがあるページを表示すると、
Cookieが発行されます。

これでユーザがタグを埋めたページに一度訪れて離脱し、
同じページにもう一度戻ってきても、最初に表示されたパターンが再度表示されます。
※もちろんCookie削除すれば変わりますが。

どこかにこのタグのCookie有効期限は2年と書いてあった記憶なのですが、
ちょっと確証はもてません(汗


基本的にはこの2つの仕組みを利用して、
ABテストを実施することができます。

最初はちょっとわかりづらいな。。。と敬遠していましたが、
使ってみると意外と簡単にできました。


ちなみにGoogleAnalyticsのセミナーに参加した時、

『ウェブサイトオプティマイザーはAnalyticsのシステムと同じものを使っている。』

とGoogleの方がおっしゃっていました。


今後ウェブサイトオプティマイザーとAnalyticsは
統合とかされていくのでしょうか、楽しみです。

スポンサーリンク
  • りょーすけ

    ありがとうございます。
    早速やってみます☆

  • >りょーすけさん
    こんにちは、このブログを書いているcafemusicです。

    コメントありがとうございます!
    使ってみると結構面白いので是非使ってみてください^^