WordPress高速化のために「WEBO Site SpeedUp」プラグインを入れてみた

Yslowでのグレードを上げるべくプラグインを色々探していたら、
「WEBO Site SpeedUp」というプラグインを見つけました。

WEBO Site SpeedUpの管理画面


上の画像が管理画面のトップになります。

この管理画面トップで色々情報を出してくれるので分かりやすいです、
『Options』のところで、+とあるのは
後これぐらいできますという表記だと勝手に解釈しています(笑)

基本は『Options』で色々設定するようです。


WEBO Site SpeedUpの管理画面(Options)

デフォルトでは[Safe][Optimal][Extreme]の3種類があって、
自分で設定を作ることもできます。

このブログの環境はさくら共用サーバーなのですが、
[Extreme]にしたところ完全に文字化けしたので
自分で設定[Original]を作りました(苦笑)


下の画像がJavaScriptの設定で、
結構詳細に設定できる感じです。

WEBO Site SpeedUpの管理画面(JavaScript設定)


導入してみたところ、実際Yslowのランクも上がりました。

見た感じ「Ktai Style2.0.0-beta3」とのバッティングもなさそうです。


abコマンドでは「WP Super Cache」より遅くなってしまっていますが(苦笑)、
体感ではちょっと早くなった感じもするのでしばらく使ってみることにしてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • Pingback: gadget()