表示速度改善にSpriteMeが便利

表示速度でよく言われているCSS Spriteですが、
簡単にできるツールがありました。

SpriteMeのブックマークレットを使うと、
表示しているページの画像を認識して、
CSS Spriteされた画像とCSSを用意してくれます。

基本的には、それを使えばCSS Spriteを簡単に導入できます。
※一方で、どうやらjpgはまとめてくれないようです。


使ってみた感想としては、
個人サイトであれば十分使えるレベルだと思いますし、
教えてくれたCSSやSprite画像をみるだけでも私は勉強になりました。

たくさん画像を使っているサイトを運営されている方は、
一度使ってみてはいかがでしょうか。



ハイパフォーマンスWebサイト ―高速サイトを実現する14のルール


続・ハイパフォーマンスWebサイト ―ウェブ高速化のベストプラクティス

スポンサーリンク
スポンサーリンク