中国語の繁体字と簡体字の違いによるsitemap.xmlでの書き方

翻訳プラットフォーム「transifex」を使ってみてわかったこと(翻訳前)」という記事を書いたりしていますが、サイトの国際化(多言語化)をやったりしています。

国際化をした時のsitemap.xmlについては、Googleがヘルプで書き方を書いてくれていました。「hreflang」に言語や地域を指定すればいいらしい。

サイトが複数の言語を使用するユーザーをメインとし、オプションで様々な国もサポートしている場合は、サイトマップで rel="alternate" hreflang="x" 属

で、中国語の繁体字の翻訳を作ったのですが、この場合、言語は中国語で「zh」だけれども、繁体字と簡体字で使われてる国が複数あるぞ・・・どうすればええねや・・・と思っていたら、これもGoogleのヘルプに書いてありました。

1つの言語に複数の文字体系がある場合は、国コードから適切な文字体系が取得されます。たとえば、zh-TW ユーザー向けに zh-TW を使用すると、自動的に文字体系が判断されます(この場合、繁体字中国語)。ISO 15924 を使用して、次のように文字体系を明示的に指定することもできます。

zh-Hant: 中国語(繁体)
zh-Hans: 中国語(簡体)
また、文字体系と地域を組み合わせて指定することもできます。たとえば、台湾のユーザー向けに中国語(簡体)を指定するには zh-Hans-TW を使用します。

複数の言語でコンテンツを提供するウェブサイトや地域別にコンテンツを提供するウェブサイトの場合、Google では rel="alternate" hreflang="x" 属性を使用

ということで「hreflang」に繁体字であれば「zh-Hant」を指定すれば良さそうです。
やっぱりGoogleはちゃんとしてる。

ちなみにディレクトリで言語を変えているのですが、「zh-Hant」というディレクトリを作るか悩み中。
繁体字は「tc」で表すこともあるらしいので、こっちにしようかなあ。。。

繁体字 = TC / 簡体字 = SC

(中略)

※ TC は traditional Chinese の略、SC は simplified Chinese の略。

言語コードについてとある、アプリケーションのボタンを作成しています。例えば・日本語「JP」もしくは「JA」・韓国語「KR」もしくは「KO」・英語「EN」・ロシア語「RU」とかしています。今回、台湾語(中国語)用のボタンでさらに「繁体字」と「簡体字」の2つがあります^^;この場合、簡単に半角英語2文字で表現するならばどん...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク