個人サーバーにscreenインストール

スポンサーリンク

社内で利用していたLinuxサーバーが壊れたので、
Linuxを再インストールしました。

そのときの苦労はまた書くことにして(苦笑)
かなり手こずったscreenのインストールのことを書きます。

まず普通に、

./configure –prefix=$HOME/local

をしたら、

configure: error: no acceptable C compiler found in $PATH

というエラーが出たので、
いろいろ調べて「Cが入っていないということか?」ということで
以下のコマンドを打ちました。

aptitude install gcc*

すると

configure: error: C compiler cannot create executables

というエラー発生。

「何か足りないのか?」ということで
以下のコマンド実行。

aptitude install gcc-c++

aptitude install libc6-dev g++ gcc

すると次は

no tgetent – no screen

というエラー発生。

どこかの英語のサイトを参照して、
以下のコマンドを実行。

aptitude install readline
aptitude install readline-devel

これをしてもいっこうに

no tgetent – no screen

というエラーは消えませんでした。

なんとなく、「dpkgというコマンドは使えるのか?」
ということを調べてみたら使えないことが発覚し、以下のコマンド実行

aptitude install dpkg

これでもエラーは解消されませんでした。

そこで、「コンパイル環境がそもそもないのでは・・・」
ということでまずコンパイル環境を調べるために、
以下のコマンド実行。

dpkg -l make
dpkg -l gcc
dpkg -l libncurses5-dev

libncurses5-devなかったらしい。。。
これをインストール。

aptitude install libncurses5-dev

懲りずにscreenインストール

./configure –prefix=$HOME/local
make
make install

動かない。。。

また時間をおいて挑戦します。。。

スポンサーリンク